爪美塾新聞

爪美塾新聞vol.3

爪美塾新聞 vol.3(PDFファイル)

皆様、こんにちは! いつも爪美塾のご支援、誠に有難うございます!
局長こと、爪美塾講師 0期生 西田裕美子です。
ご無沙汰しております。 皆さんお元気ですか?
私が爪美塾講師0期生として卒業し、早くも1年半が過ぎました。
昨年には講師1期生も誕生し、彼女たちの素敵な活躍ぶりはご存知の通りだと思います。
そして現在、爪美塾講師2期生として6名、 爪美塾アクリルマスター講師として4名が、仲間と切磋琢磨し合いながら、技術だけでなく、講師として、さらには人としての 在り方を学び、日々成長しております。
そんな彼女たちの姿を通して、私を含め、講師全員が改めて初心に戻り、自分を律する貴重な機会を頂いております。
私自身、爪美塾講師として立たせて頂いてから、生徒様を通して多くの気づきを頂いて おります。
人は本当に無限の可能性を持っている。
自分次第でこんなにも世界が広がるのかということを実感しております。
人は一人では成長しない。 関わってくださる全ての方に感謝です。
今後も、爪美塾講師を目指した頃の気持ち、講師養成コース中に感じた気持ち、本来の目的を見失うことなく、皆様と共に進んでいきたいと思います。
随分と固くなりましたが、 これからも進化し続ける 爪美塾。
どんどん進んでいきます! ご期待ください!

9月からアクリルマスター講師養成クラス1期生をスタート致します!

今回のアクリルマスター講師養成を最後に、磯部は、アクリル マスターの講師養成を引退とさせていただき、2期生以降は 現在の爪美塾講師のメンバーが講師養成を開催してくれます。 目指したいところは、技術指導の場所を提供するだけでなく、 爪美塾の理念にもありますように、技術を通して生徒様の やりがいや成長、または、その生徒様の無限の可能性への扉を 開かせる場でありたい。 この新聞を読んでくださっているみなさまは、少なからずとも フレスカメソッドやアクリルメソッドを受講した方がほとんどかと思います。または、フレスカレッジにて、仲間同士の つながりを感じている方がほとんどかと思います。 日本のネイル業界を、落とし合いであったり、足をひっぱり 合う世界でなく、人と人とがふれあい、共に仲間の成長を 助けられるような、そんな業界にしたいと考えております。
この思いを広げるために、磯部宗潤一人が講師育成をして場を作っていくだけでは時間に 限りがあります。ですので、1人でも多くの方にこの想いを届けることに力を注ぎます。 今回アクリルマスター1期生に対してタイミングが合わなかったり、ご縁がなかった方たちは 次回から爪美塾講師が指導となりますが、その時でも磯部以上の導きを与えられる講師が 必ず誕生しますので、そちらもお楽しみにしていてください! 追伸、 来年春は爪美塾講師3期生を育てる予定ではございますが、そちらも磯部がさせていただく 最後の講師養成になる予定としています。

【時間】
全6回
10時〜17時の1日8時間
(休憩含む)
最終日は卒業式も行います

【参加資格】
爪美塾アクリルメソッド、爪美塾フレスカメソッドのどちらかを受講済みの方で爪美塾会員の方

【開催地】
大阪

【カリキュラム】
・爪美塾理念共有
・技術
・志の導き
・ブログの書き方、発信の仕方
・プレゼン各種
・課題イベント
など…

【卒業後】
・爪美塾アクリルマスター講師としてアクリルメソッドを開催
・イベント、商品など各種講師価格
・その他爪美塾本部イベントの参加やお手伝いなどでの講師同士の交流など
・登録費用として年会費8000円(税別)が必要
※初年度は無料

【日程】
スタートは9月となります
全日程は参加者のみなさまと決めさせていただきます

【料金】
14万円(税別)
※分割払い希望は要相談

ネイルグランプリ理事長引退します

ネイルグランプリの開催から五年が 経ちました。 今回の東京よみうりホールを最後とさせていただき、僕はネイルグランプリ 理事長を引退致します。 学び多き五年間でありました。 正直この爪美塾もネイルグランプリから 生まれました。 一年目、全国を駆け回り、思いの伝え方、 思いを形にする難しさの壁にぶちあたり、 ほとんど毎日泣いていました。 大の男が毎日泣くような、自分でもびっくりするような体験でありましたが、 そのおかげで今があります。 その一年目に、発信力のなさ、求心力の なさに気づき、どうすればこれが伝わるか、 ネイリストはどこにフォーカスするのか、 という思いを抱いている時に頭に浮かん だのがフレンチスカルプでした。 だったらこのフレンチスカルプを通して 磯部宗潤を知ってもらい、磯部宗潤が 何をしているのかを伝えると、伝わる のではないかと思い、まだ一度も外に 話していないことですが、そういった 目的を含めたフレスカメソッドを開催し、 技術が大好きなネイリストさんとの 交流を深める場をもつようにしました。 そこから、フレスカメソッドの輪が 思っていた以上に広がり、卒業生から ネイルグランプリ実行委員になりたいと いうお声もたくさんいただき、多くの方に 応援していただけるネイルグランプリ へと進化しました。 一方では、ネイルグランプリを利用して 技術を広げて何をしているんだ、という 目で見られることや、直接言葉で言わ れることも多かったですが、僕自身の、 ネイル業界はこのままじゃいけない という思いが根底にあったので、その言葉に 負けず突き進んでまいりました。
ネイル業界をよくしたいという思いは、 やはり自分のサロンがうまくいっていない、またさらに、ネイルスクールが どんどん繁盛していっている、当時の 僕自身の現状から湧き上がった思いで、 サロンが繁盛していないのにネイリストを 育て、夢があるよと見せかけながら ネイル業界へ送り込んでいる自分に 歯がゆい思いがありました。 でも生活していくにはスクールをして いかないといけない自分自身の現状も あり、いったい僕は何をしているん だろうというモヤモヤした気持ちが ずっとありました。 だからこそフレンチスカルプを通して 自分自身の名前を広げ、ネイルグラン プリを広めるという方法に関しては、 正直自分自身にとまどいもありました。 技術を広めること、それだけでサロンが よくなるとは全く思っていないから です。 ですがおかげさまで、技術を通して僕 自身死に物狂いで一生懸命お伝えさせて いただいた結果、技術以上の価値で あったり、僕がこれを開催していく 思いが伝わり、今この爪美塾が存在 しております。 アクリルメソッドやフレスカメソッドは あくまで手法であり、本当に伝えたい ことは、その奥底にあります。 今回の、六月二十日の第五回ネイル グランプリの最後の総括で、魂こめた 磯部宗潤の思いを一人でも多くの方に お届けできればと考えております。 僕自身ネイリストとして、このネイル 業界に対する憤りを感じながら、見て 見ぬふりをして過ごすわけにはいかず、 思いをもって形にしたネイルグランプリ。 ネイルグランプリ卒業後は、まだまだ ネイル業界に対しての思いを形にする 活動を続けていく次第です。 全てのネイリストのみなさまの五年後、 十年後、三十年後に、本当にネイリストに なってよかったと思える世界を共に 創りましょう! 五年間本当にありがとうございます! 磯部 宗潤